バレリーナの親御様、小学生~高校生のお子様を持つ親御様のための親子のメンタルコーチ®

 

子育て歴約30年。

薬剤師になる夢を叶えた息子と、ドイツにバレエ留学し、コンテンポラリーカンパニー研修生としてハンガリーで生活したのち、プロダンサーとしてヨーロッパの国立バレエカンパニー契約を叶えた娘がいる。

 

2008年、嫁ぎ先の家業が傾いて離婚後、一般的な主婦からビジネスマンとしてのキャリアをスタートさせ、当時10代だった子ども2人を社会人デビューさせるまでシングルマザーで育て上げた。
 

仕事はホテルフロントなどの接客業の他、完全歩合制の営業職など複数の仕事をこなし、早い段階でビジネスコミュニケーションの能力を開花させ、“人と接する仕事は天職“と感じたのもこの頃だった。

 
前線で全国行脚する営業マンを経て、2012年に人材育成に特化したコンサルタントとして起業。
成果を出すための営業マンの支援をおこなった。

 
年間1000件を超す営業同行とメンタルケア、キャリアカウンセリングを行い、延べ5,000件を超える個別相談の経験を持つ。それに伴い、自身の子育てで繰り返してきた“本人のやる気を引き出す会話、言葉かけ、寄り添い方”を現場で実践、修正を繰り返した結果、指導した営業マンの成果につながるという実績を作った。

 

2015年、現場での人材育成経験から、より専門的に“キャリアカウンセリング”の分野に取り組みたいと思い、キャリアカウンセラーマスタープログラム修了。同時期、コーチの資格も取得。

 

IMG_do2

 

職場での指導経験と座学で得た専門知識を日々活かす事で、“社会に生きる女性や未来を作る子どもたちのために更に力を尽くしたい”と考えるに至り、営業マン育成事業から方向転換、コーチング・キャリアカウンセリングを事業とするLupinus(ルピナス)始動。

親子コーチングお話会の様子

始動当初から、経営者、営業マンやキャリアウーマン、子育て中のお母さんから、個人セッションの申し込みが集まる。

2015年後半より、「親子の関係」が、子どもの夢を叶えられるかどうかにかかっていることを強く確信し、サービス提供の対象者を「親子」中心にシフト。

 

「自分の子育てそのものがコーチングだった」と感じるほど、子ども2人の潜在的な力を引き伸ばすように育てた実績を持つ強みを活かし、セッションを受けた親御さんのお子さんが、自分の意志で夢を叶えていける力が身につく“独自の子育て実践法“を、コーチングの専門知識と組み合わせたオリジナルセッション「親子のメンタルコーチ®」として提供開始。

 
子だけでなく親にも大きくフォーカスし、早期のキャリア教育のため家庭内のコミュニケーションを重視した教授法「親子のメンタルコーチ」は、特許庁の商標登録も申請が通過し、登録済み。
商標登録証:登録番号 第5849507号

 
現在では、バレリーナ志望の親御さんからの相談が増えている。
コーチの添田自らが、親戚に誰ひとりバレリーナがいない状態で、シングルマザーとして娘のバレエ留学、海外生活を完全サポートし、娘も自分自身の力でヨーロッパ国立バレエカンパニーのプロダンサーとして社会人デビューを叶えたという実績を持つ。

 

バレエを通して子供が自立する力をつける方法を学ぶ「バレリーナ親子国際講座」も定期的に開催。
バレエスタジオにも招致され、「メンタル強化講座」や「バレリーナ親子キャリア育成講座」なども開催し、先生・保護者・生徒から好評を得る。

 

平成28年度小規模事業者持続補助事業として採択され、前向きに進みたいと願う”バレエを通じて海外を目指す親子のキャリア育成”支援に力を入れると同時に、”ダンサーのセカンドキャリア支援”など更に活動の幅を広げている。