クリスマスはバレリーナにとって特別な時期

クリスマスの思い出。
我が子に何をプレゼントしましたか?

 

昨日は、今までのクライアント様たちと、
「何をどうあげるか。」
「サンタさんはいつまでいるのか。」
↑これは、お母様方と。

「目標に向けて頑張ってます!」
「また相談に乗って下さい!」
↑これは、子供世代と。

 

そんなやり取りになりました。笑

 


↑お店も華やか

 

娘からも、「メリークリスマス!」と連絡が来て、
教会内でクリスマスキャロルをしている様子に出会ったり、
地元の小さい子達が「わらわら前で歌ってた。」
↑わらわらね〜笑

 
とか、国や宗教によって、クリスマスを迎える感覚が大きく違って楽しそう。
子供の頃に感じた常識や思い出が、
後に様々な形で活かされていくと感じています。

 


↑ヨーロッパの街並

 

日本でバレエを習っているご家庭は、
舞台を観に行ったり、出演したり。
我が家も経験しましたが、本当に良い思い出になります。

 

後にその経験を、活用する事ももちろん可能。
だからこそ、経験するって重要です。

 

彼女の年内のツアーも、残すところあと僅か。
年越しは、学生時代の友達の家に泊まって楽しんで来るらしく、
ヨーロッパ生活も10年近くになると、融通効くなあ・・
なんて、たくましさを感じつつ、
何かの時には相談が来たり。

 

親子の関係は、子供が自立してからの方が案外楽しいかも知れません。

 


↑ヨーロッパの空は飛行機雲がたくさん

 

子供の結果ではなく、どんな経験から、どんな価値観を持ち、
どんな生き様で人生を歩んでいくのか。
海外に飛び出して得た事は、本当に多かったと感じています。

 

バレエを共通に、様々な国の老若男女と交流を持つ。
意見をディスカッションする。

 

そして、プロになってからの学びは本当に多い。
バレエカンパニーは、会社組織ですから。

 

学生の視点、学び。
社会人の視点、学び。

これって生きていく上で大切なこと。
そんな話も、ぜひ聞きに来て下さい。

知ることって、損は無いですから♡
どなた様も心豊かで有意義な時間を過ごしていただけたら幸いです。

 

オンライン相談のお申し込み

人の縁は相性が大切です。
自分は何をどう感じ、考えているのか。
今後のために何が必要なのか。
そんな不安を解消すべく、先ずは気軽にご相談下さい。