「バレリーナ」の夏の体験

 

8月の週末を超えて行くと、人の流れが普段と大きく違う事が判ります。

 

高速道路を走る車の様子、
電車に乗る人の様子、
少子化と言われている時代だからこそ、
子供のスケジュールは「なんとなく」は無くなってきていると感じます。

 

バレエを習う子供達も、
今真っ盛りな

 

「コンクール」
「発表会」
「ワークショップ」
「林間学校」

 

あれ?勉強は? 笑

 


↑クライアントさまのお招きで舞台鑑賞へ

 

クライアントさまの発表会やコンクール会場に伺い、
お子様の成長と、それに対する親御さまの言葉かけなど、
フォローサポートとして行っております。

 

特に、コンクールに挑戦されるご家庭は、
結果に左右されがち。

 

頭でわかっていても、感情が入りますから、
この辺りは冷静で尚且つ、客観的に子供と会話をするコツが必要です。

 

それって、の状況にあてての話ではなく、
子供の10年先などで、メンタル面にバッチリ出て来ますので、
本当に大切なことだと考えます。

 


↑我が家も在籍していた頃が懐かしい舞台

 

我が子が子供の頃に踊った演目を、
今、クライアントさまのお子様が踊る様子も観て、
更に客観的に感じる部分が多くあります。

 

一見、華やかに見えるバレリーナ達の、
日々の暮らし、様々な仕事としての経験。

 

見えている世界、今後のキャリア。
一般的な進学ルートの子達と、ちょっと違ってきます。

 

そこに必要な事は、通常より成熟を加速させる必要性。

 

今、スケジュールがいっぱいの子育てをされている家庭には、
是非、メンタルの強さを育てる子育てをして欲しいと願います。

 

子育てには、時期があり、
親の役割は時期に合わせて変わってくることを理解しておくと、
親子(特に親の)迷いは劇的に減ります。

 


↑サマーバケーション中の娘の体験

 

余談ですが、高校3年生の時から渡欧した娘は、成人式も海外に居り参加出来ず。
その後も、シングルマザーの私には、
正直、彼女の振袖を用意することが出来ませんでした。

 

そんな中、
常日頃伝えてきた「運は人の縁」のおかげで、
この夏、ありがたい事に、
恵まれた形で、振り袖を着る事が出来ました。

 


↑様々着替えて。お友達が楽しく撮影してくれたそう。笑

 

着せてくださったのは、高校時代の仲良しさんの親御さま。
お着物の着付けの先生だそうで、
様々な高価な着物をより取り見取り。

 

着せて下さる側も、着せて頂く側も、
楽しい時間を過ごせたようです。

 

自分がこう在りたい

 

常日頃から、しっかり。
自分の個性、自分の在り方。

 

考え、行動する事が出来るようになれば、
子供は親元を離れてからも、
その流れを自分で掴む事が出来ます。

 

今までの我が家の流れは、
本当にたくさんの方々の縁でした。

 

そんなメンタルのコツを、是非お問い合わせください。

 

この夏は、様々な形で視野を広げた娘も、
来週にはヨーロッパに帰ります。

 

またハードな舞台生活。
我が子がどこでどんな生活をしても、
充実した人生を送ってくれたら、母は嬉しいです。

体験コーチングセッションのお申し込み

対面かSkypeでのマンツーマンセッションになります。

お子様の状態など、ヒアリングから力を伸ばすためのコミュニケーションの取り方などが学べます。

対面可能地区:都内、及び都内近郊