「海外生活」バレエ就職と一般就職の共通点

 

海外のバレエカンパニーも、
(国によって違いはありますが、)
サマーバケーションがそろそろ終わりに近づいてきます。

 

バケーション中に、故郷に帰る人、
友達や知り合いのつてで舞台に出る人、
過ごし方は様々です。

 

バレエ学校時代には、わかりませんでしたが、
プロになっての今なら、分かる事が沢山ある。

 

やはり、人は経験が大切ですね。

 


↑イタリアにてオススメの店

 

お盆休みで賑やかなこの時期、
我が家も息子、娘、兄弟達が各地から帰ってきて、
賑やかな時間と、有意義な情報交換時間を過ごしました。

 

世界を市場に動く日本人達。

 

バレエの世界も、大手企業の世界も、
共通して必要な事はシンプルです。

 

ヨーロッパも、ある分野の大手日本企業が現地企業を買収している様子ですから、
これから益々、海外生活経験は強みになるかもしれませんね。

 

夏休みにレッスンや、コンクール、発表会。
地道な時間を過ごす。
この時間を、一点だけの視野にとらわれない様に、
親御様のお話を伺い、
今後の世界情勢に対応できるバレリーナが育ってくれれば幸いです。

 

ずっと伝えてきている事ですが、
先生と親御様の役割は、違います。

 

家族というつながりで、
一生をみる親子の関係は、
成長と共に形を変え、想いや考えが引き継がれていきます。

 

折角、子供が興味を持って、
時間と労力を費やすバレエ

 

上手に使ってくださいね。

 

余談ですが、
妹のバレエをずっと観る事に付き合わされてきた兄は、
芸術雑学が増えました。笑

 

どんな事でも、知らないより知っている方が、
今後の人とのコミュニケーションに役立ったりしますよ。(きっとね。笑)

 


↑お盆期間中の成田空港

 

そんなディスカッションをして過ごしたお盆期間。
もう、それぞれの居場所に帰っていきました。

 


↑手荷物検査後の出国のポーズ(笑)

 

これからまた忙しい日々が始まります。

 

そうそう!
成田空港も年々変化があり、
今年は初体験ができました。

 

出国前に、「おお〜〜〜〜!」とテンションアップ♡
何があったかは、また明日。笑

 

海外生活8年の間にも、
世の中の変化は凄いですね。

 

今後の子供の成長に、自分はどんな事をしたら良いか。
特に、バレエの世界を経験中の親子。

 

ご相談、ご連絡はお気軽に。

 

体験コーチングセッションのお申し込み

対面かSkypeでのマンツーマンセッションになります。

お子様の状態など、ヒアリングから力を伸ばすためのコミュニケーションの取り方などが学べます。

対面可能地区:都内、及び都内近郊