「視点」を変えてみる大切さ

バレエ画像

 

昨日もバレエコンクール予選会場に足を運ぶ。

 

仕事以外にも自分にとって大きな感謝と、気づきをもたらした。
そんな日になりました。

 

本日は、ちょっと私事。そんな記事。

 

**
子供が生まれ、家族の価値観や習慣が代々伝えられるように。。

 

自分の中の礼儀として。
娘が国内で卒業したバレエスタジオの先生にお会いするため、楽屋に向かいました。

 

いつも場所取りする楽屋で、忙しく生徒のメイクをする先生の姿。
何年も何年も。
変わらぬ、姿勢の先生に、時間が巻き戻ったような錯角に陥りそう。

 

頃合いを見て、手の空いた先生に声をかけると、
嬉しそうに目の前の椅子を勧めてくれる。

 

卒業しても変わらぬ先生と、
「今、ママはどうしてるの?」
そんな言葉が、お世話になっていた頃、様々な我が家の生活の事情や変化。
離婚をしても生き抜くために、夢を叶えるためにもがき、向かっていた姿を見守っていてくれた。
そんな様子が、思い出されました。
(実際、先生方にもどうしようも出来ないし、生徒が通うって、色々見るはずです。)

 

もう卒業して随分経つので、会場でプログラムに書かれてる名前を見ても、
誰が後輩だか分からない。
けれど、舞台で踊る子供達を見ていると、分かります。

 

「あ、あの動き。」

 

不思議なものですね。

 

どのスタジオでも、こうして先生の教えが受け継がれ、世界に飛び出して行く。

 

子供が親に世話になって独り立ちするように。
先生の感性や技術を受け継いで、独り立ちして行くんだと、
改めて思う会場での出来事。

 

ヨーロッパの風景

 

私自身の今の仕事や、想い。
ここに行き着く経緯をお話しすることが出来ました。

 

静かに話を聞いていた先生からの一言。

 

「それは、ママが大変な思いをする仕事よね。身体だけは気をつけて。」

 

良いも悪いもない。
先生は、先生の役割をわかってらっしゃる。

 

ありがたいな。と心から感謝が湧いてきました。

 

自分の得意な事。したい事。

 

子供のメンタルを強くする事が得意な事なんです。
運を引き寄せる事が得意なんです。

 

バレエを通じて、得るものが他にも沢山あるよって、伝わったらいいな。って思うんです。
親御さま方に、そのコツが伝わったら嬉しいなって思うんです。

 

この先生のもとで、この環境だから、私は自分らしく子育てできたんじゃないかな。

 

そして、自分らしく、今の様子を報告できた。
人はおかげさまで生きているって、再確認できた。

 

そんな、バレエコンクールとなりました。

 

コンクール関連画像

 

「ママ、また時間あったらスタジオに顔出してね〜」

 

帰り際に、そんな会話と、バイバイと手を振る。

 

海外に出て行った子供達も、こんな気持ちだろうと、
普段自分がしている立場から、してもらった立場が妙に嬉しい。

 

「おかげさま」は、心が温まります。

 

バレエを通じて、こんな経験。
やっぱり、バレエは良いですね。
(なんだか、昔の映画番組のエンディングみたい 笑)

歳、バレますが。笑

 

最後までお読みいただいた方、ありがとうございました。

体験コーチングセッションのお申し込み

対面かSkypeでのマンツーマンセッションになります。

お子様の状態など、ヒアリングから力を伸ばすためのコミュニケーションの取り方などが学べます。

対面可能地区:都内、及び都内近郊