子供の心に残る「言葉」

バレエ画像

 

我が子が成長し、幼稚園や保育園、
小学校に入ると、親御さまの心配することの形が変わってきます。

 

小さいうちは、
怪我のないよう。
病気をしないよう。

 

それが、集団生活に入ると、
周りに迷惑かけないよう、
他の子に置いていかれないよう。。

 

今は、集団生活に入れる事が早くなって来たので、
預かる先生方も、気配りする部分が増えて、
テンヤワンヤしています。

 

実は、それ。
 

バレエを習うこと。
そこにも、同じ現象がおきます。

 

大きなスタジオですと、
幼児科、児童科、
(しかも児童科は何クラスにも分かれている)
中等科、高等科。
 

何故だか、考えた事がありますか?

 

子供の脳の発達を、大まかに年齢で分けている。
そこに、それぞれの個性が出てきて、
本当に複雑になります。

 

バレエ教師は、何を経験、勉強してきていると思いますか?

 

その辺りを、親御さまは理解して、
バレエを通じて、我が子の夢や可能性を引き出す。
そんなサポートをして欲しいと心から願います。

 

子供の心に残る言葉は、大人が考えもよらなかった言葉だったりしますよ。

 

ベルギー大使館

 

昨日は、縁あってベルギー大使館で開かれた、
コンサート、パーティーに参加して参りました。

 

ベルギー大使館

 

ベルギーと言えば、バレエを習うご家族が耳にするのは、
『アントワープ王立バレエ学校』
ですね。

 

ベルギー大使館

 

ベルギーと日本の交流150周年の記念すべき本年。

 

日本人バレリーナには行きやすい国です。

 

ベルギー大使館

 

バレエを通じて、何を経験し、学ぶのか。

 

大使館の方も、日本の見せ方、学び方が残念だとも仰ってました。

 

視野を広げ、可能性を引き出す事は、
日々を一緒に過ごす親御さまの役割です。

 

そんなご相談を承っております。

 

子供の心に残る言葉は、本当に思いもよらない言葉ですから。
コミュニケーションは大切に♡

体験コーチングセッションのお申し込み

対面かSkypeでのマンツーマンセッションになります。

お子様の状態など、ヒアリングから力を伸ばすためのコミュニケーションの取り方などが学べます。

対面可能地区:都内、及び都内近郊