【現地レポ】パリ・オペラ座公演 最終回

パリオペラ座

 
クリスマスに街中が賑わうのは、
親子で幸せを感じる、良い機会ですね。

 
今朝、フランス人の友人から『メリークリスマス』とメールを貰い、朝から心が温まりました。

 
さて、パリレポ最終回。

 
オペラ座ガルニエ宮のボックス席に着いて、
いよいよ開演です。

 
パリオペラ座

 
作品は、個人的に大好きな、
『イリ・キリアン』の作品。

 
パリオペラ座

 
3つの作品は、どれも素晴らしく、
これもまた個人的ですが、
昨日の白鳥より、断然良かった。

 
(あくまで、個人的好みです。)

 
娘がバレエ学校でモダンや、生徒達で振り付けした作品など、随分ハマっていたことや、
研修生として1年所属したカンパニーが、コンテンポラリーのみのカンパニーだったからでしょうか。

 
日本では、断然クラシックに人気があり、
舞台もクラシックがほとんど。

 
発表会でもクラシックが多いですよね?

 
我が家の卒業したスタジオは、本科はコンテンポラリーも踊りましたが、
留学先とは、やはり違いました。

 
パリオペラ座

 
すっかり堪能し、思わず娘に報告。

 
『良いなー。この作品でしょ?私も生のキリアン観たい』

 
やはり、彼女はどの作品か知っていて、衣裳を聞かれて言い当てられました。

 
今度は、彼女が仕事休みの時に、こっちで待ち合わせもアリかな? 笑

 
パリの風景

 
夕方なので、車はひしめき合い、人は車の間をすり抜け、とにかくぎゅうぎゅう。 笑

 
厳かなガルニエ宮の中と、賑やかなクリスマスの街のギャップに、また面白味を感じます。

 

パリオペラ座

 
余談ですが、オペラ座を正面にして建物右手側に、ショップブースがあります。

 
この時期は、やはりクリスマス。

 
パリオペラ座

 
書籍、DVD、Tシャツ類や、高級感のあるもの。
オペラ座で養蜂されている蜂の蜂蜜もあります。

 
勿論、子供が喜ぶ物も沢山♡

 
パリオペラ座

 
人気の絵本や、オルゴールは、アナ雪と同じ様な絵でした。

 
パリオペラ座

 
姉妹でノートを手にして。
可愛いですね♡

 
パリの風景

 
美しい街を歩き、ホテルに向かう時間も、
時間を十分に活かせた。
そんな気持ちでいられます。

 
フライト

 
翌日、帰国するため、娘の上空を飛ぶ。

 
何だか、ちょっとだけ複雑な気分になりました。
日本の方が、遥かに遠いですから。

 
モスクワ空港

 
途中、モスクワで乗り換え。

 
行きより帰りの方が、雪が増えていて、
全く雪の無かった西側と、東側の違いを感じます。

 
モスクワ空港

 
空港内のポスターも、ロシアらしく美しく、
やはり日本との文化の違いは、気候の違いでもあるのかな?と考えていました。

 
(舞台鑑賞は、生活の中に溶け込んだ楽しみなのですね。)

 
ドイツのクリスマス

 
帰宅して、我が家にある、ドイツで購入したオブジェを見て、ホッとします。

 
日々の生活を、どのように感じ、過ごし、
芸術に反映しているのか。

 
やはり、大切な事だと、改めて思いました。

 

今後のセッションでも、更に詳しく、
様々な情報などもお伝え致します。

 

体験コーチングセッションのお申し込み

対面かSkypeでのマンツーマンセッションになります。

お子様の状態など、ヒアリングから力を伸ばすためのコミュニケーションの取り方などが学べます。

対面可能地区:都内、及び都内近郊