子供の海外生活に必要なもの

バレエ画像

 

子供が手元に居る時は、さほどの騒ぎにならなかった事も、
離れて暮らすようになると、ちょっぴり大きくなったりします。

例えば、食べ物。

アレルギーを持っている子は、
海外で何が入っているか見分けるのが大変だったり。

 

例えば、薬。

 

日本人の体質や、皮膚など、他の国では合わないものも多くあります。

化粧品類もそうですね。

Blogの過去記事で、ドイツの化粧品などを記事に上げた事もありますが、
ヨーロッパ内でも、また国によって違います。

 

成分が微量すぎ、表示が書いてなくて、蕎麦アレルギーで大変な思いをした子。

 

バレエでは無いですが、大学入学して、
持病の薬を送っている親御さんもいます。

 

そんな話も、セッション時にご質問頂けます。

 

住む場所が変わると、食べ物も変わる。
水が変わる。
生活環境が変わります。

 

そんなことを、しっかり踏まえて下さいね。

 

**

我が家は、少し前から、皮膚の痒みを伝えて来た娘。

舞台続きで、お化粧しない訳にはいかないので、
日本で私が病院で薬を貰い、送る事に。

 

幸い、ヨーロッパ生活8年になりますが、
こんな騒ぎは、2、3回しかないかな。

 

思春期の頃から、食について。
化粧品について。
(特に、女の子!)

知っておくこと、オススメします。
(先ずは、知ること。)

来月、このテーマで、

 

【バレリーナ親子、お話会】を開催いたします。

 

薬の質問は、写真撮って来て下さいね。
後日、個別にお答えします。

 

日程を調整しますので、
興味のある方は、下記から申し込み下さい。

 

日時や講師など詳細をお送りしますので、それからご検討下さいね。
(お振込等は、その後で結構です。)

 

お申し込みは、こちらから。

 

さて、病院終わったので、
急ぎ、ヨーロッパへ送りまーす。

 

こんな子供からの相談は、親御さまの役割ですよ♡

 

体験コーチングセッションのお申し込み

対面かSkypeでのマンツーマンセッションになります。

お子様の状態など、ヒアリングから力を伸ばすためのコミュニケーションの取り方などが学べます。

対面可能地区:都内、及び都内近郊