バレエダンサーのキャリア形成のコツ

↑写真は、ヨーロッパの国立バレエカンパニーで美術の方。

 

本日は、いきなりポーズのおじさまからスタートです。笑
この仕事も、舞台芸術にとって素晴らしい職種。

 
我が子の経験を通して、
自分自身の経験を通して、
様々な現実の話をご相談者さまと考えて行っております。

 

↑ヨーロッパの街並み

 
思ってみても、我が子が学生の頃と、社会人になった今では、
見える世界が全く違っています。

 
そして、振り返ってみても、小学生の頃、中学、高校、大学。
自分の感覚の違いは、一生の変化の途中なんだと、しみじみ感じています。

 
日本の地域性があるように、海外でも地域性は更にあり、
子供に国際的な交流する力をつけたければ何が必要か、考えたことはあるでしょうか?

 


↑日本のインパクトのある地域性

 

 人生って、何を買うことが大切でしょう。
何が一生の宝になるでしょう。

 

↑帰宅途中に発見!と送られてきた写真。笑

 

先週末、バレエカンパニーの新作舞台でレッスン、リハ、衣裳合わせで忙しそうな娘から、
「見て見てーーーーーー!」
と、送られてきた写真が、野生のはりねずみ!

 
いやいや、秋にヨーロッパの栗の写真でも、
やっぱり通勤途中の話題でしたが、
日本以外の地域性を感じる体験がいっぱいです。
 
(栗の写真は、こちらの記事>>バレリーナ親子 親から子へ受け継がれる原理

 
日本にいた頃に経験したことが、海外生活に活かされ、
海外生活で経験した事が、その後の人生に活かされる。

 

 バレエを踊ってきたことが、どんな特徴を育んだか、
その特徴をどう活かすか。

 
現在、バレエダンサーのセカンドキャリア相談でも、
クライエント様の話から、全てが大きな資産となっていると感じています。

 


↑親子でセカンドキャリア相談

 
勿論、バレエだけに限らず様々な相談もお受けできます。
何故なら、私自身、バレエ以外の様々な仕事の経験をしてきたから。

 
だからこそ、現役バレリーナの我が子とも、常にその話題は出ます。

 

 バレエの先に、何をしたい?

 
ジブリ映画ではないですが、我が子が黒猫のジジと修行に出たように。
大人になって行った子供の姿は非常に興味深いものです。
 
(因みに、映画、『魔女の宅急便』に出てくる2色の羽のカラス。
娘の住む街では、当たり前にいました。さすが、宮崎駿監督!)

 

親からの視点、大人になって行った本人からの視点。
キラキラに見える世界は、現実にどう活かせるのか。
 

特別ではない、全てにおいて共通のメリット、デメリットを是非、ご自身のお子様に伝えてくださいね。
 
 個別親子コーチング相談、全国からお受けしています。

 

体験コーチングセッションのお申し込み

対面かSkypeでのマンツーマンセッションになります。

お子様の状態など、ヒアリングから力を伸ばすためのコミュニケーションの取り方などが学べます。

対面可能地区:都内、及び都内近郊